1. TOP
  2. フリーエンジニアお役立ち情報
  3. ①フリーランスの働き方とは?

~成功するためのポイントなども解説

①フリーランスの働き方とは?

    近年、働き方の多様化が進み、「フリーランス」という言葉も、定着してきました。実際、フリーランスとして活動する人は年々増加しています。しかし、フリーランスという言葉の定義は曖昧なため、フリーランスについてしっかりと理解している人はまだまだ多くありません。
    ・「フリーランスに興味があるけれど、働き方がよく分からない」
    ・「フリーランスとして活躍していきたい」
    ・「フリーランスについてもっと詳しく知りたい」 
    上記に当てはまる人も多いでしょう。そこで当記事では、「フリーランスの働き方」について分かりやすく解説しています。フリーランスになるための手続きや、成功するためのポイントなどにも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。   

    フリーランスの働き方 

    フリーランスとは?

    そもそも「フリーランス」とは何でしょうか?実は、フリーランスという言葉に明確な定義はありません。また、職業や職種を表す言葉だと勘違いされがちですが、そうではありません。 フリーランスとは、一般的に「企業や団体に所属せず個人で活動し、自分で契約を結び、仕事を請け負うこと」を意味します。つまり、フリーランスという言葉は、働き方の呼称であると言えるでしょう。 フリーランスと混同されやすい言葉として、「個人事業主」が挙げられます。
    フリーランスはあくまでも働き方を表す言葉に過ぎませんが、個人事業主は税法上の区分のために使われる言葉です。一言で言えば、「独立して事業を行う人」を指します。 基本的には「フリーランスで働く人=個人事業主」という認識で問題ありませんが、両者を区別するべき場合もあります。個人事業主であってもフリーランスではない、というケースもあるので、注意してください。
     例えば、法人を設立せずに個人商店を営んでいる人は、個人事業主と言えます。しかし、「案件ごとに自分で契約を結び、仕事を請け負う」というフリーランスの働き方とは性質が異なります。ゆえに、この場合フリーランスとは呼びません。

    フリーランスの法的立場

    フリーランスは、企業と雇用関係を結ぶわけではありません。そのため、労働基準法でいう「労働者」には該当しません。ゆえに、労働基準法はもちろん、労働安全衛生法や最低賃金法などの適用対象になりません。 つまり、フリーランスは、法的に弱い立場にあると言えます。最低賃金以下の報酬で契約しても違法ではありませんし、労働時間に上限もありません。
     そこで近年は、フリーランスを法律的に保護しようという動きが進んでいます。ただし、政府による法整備には時間がかかるので、まずは、自分の身は自分で守ることが大切です。

    フリーランスの働き方の種類

    フリーランスの働き方は、主に、以下の3種類に分けられます。

    1. スポット型 2. プロジェクト型 3. ミッション型 

    スポット型は、短期間(数日~数か月)の業務を受注し、自宅等で作業した後、納品するスタイルです。代表的な仕事としては、以下が挙げられます。

    ・Webライティング ・Webサイト制作

    ・デザイン ・翻訳、データ入力など 

    プロジェクト型は、中長期(数か月~数年)のプロジェクトに参加するスタイルの働き方です。プロジェクトによって条件は様々ですが、クライアント企業に常駐するケースが多いです。代表的な仕事としては、以下が挙げられます。

    ・システム開発 ・アプリケーション開発

    ・社内インフラの運用保守 

    ミッション型は、企業と長期間の契約を結び、目標を達成するために試行錯誤していくスタイルの働き方です。成功報酬の場合もあれば、時間単価制の場合もあります。代表的な仕事としては、以下が挙げられます。

    ・営業支援 ・人材開発支援

    ・採用活動支援 ・ブランディング支援 


    <続き:②フリーランスの働き方とは?>

    簡単60秒!無料登録して

    フリーランスになれるか相談する