1. TOP
  2. フリーエンジニアお役立ち情報
  3. ①ITフリーランスを継続するためには

~気になる職種別年収と社員との比較

①ITフリーランスを継続するためには

近年の働き方改革の推進によって、フリーランスという働き方が従来よりも定着してきました。特にスキルや経験によって個人の市場価値が高まる専門的な職種であるIT業界においてはフリーランスの需要が高まり、注目度が上がっています。今回はそんなITフリーランスを継続するために心がけたいポイントや職種別年収、社員との比較を紹介します。 

■ITフリーランスを継続するためには

ITフリーランスを継続するためにはどんなことを心がければよいのでしょうか。ここではいくつかのポイントを紹介します。 

市場価値の高い分野で経験を積む 

ITフリーランスを継続するためには、IT業界でどんな人材が必要とされるのかチェックしておく必要があります。IT分野はスピーディーに変化しているため、時代に適応して市場価値の高い分野で実績を積む必要があります。 

上流工程を意識する 

ITの職種の中では、上流工程の業務はステータスがあり、報酬も高額になります。フリーランスは作業単価が高いほど効率的に収入をアップすることができます。収入アップのためには上流工程の業務がこなせるようにキャリアアップしていく必要があります。

自分で交渉する力をつける 

フリーランスは依頼主と相談して仕事を契約しますので、自分で交渉する交渉力を身につける必要があります。交渉力によって、仕事の受注が決定しますし、報酬額も交渉によって決めていく流れになります。 

副業でスキルをプラスする 

ITフリーランスでは、企業のオフィスに駐在して仕事を行う駐在型や、在宅で仕事を行う在宅型などがありますが、いずれの場合もメインの仕事以外にも副業で業務を請け負い

スキルを磨きながら報酬を得ることができます。また、副業で依頼主と交渉をする機会を持つことで交渉力も高まります。 

心身共に自己管理の力をつける 

フリーランスは自分の身に何かが起こって働くことができなくなった場合、会社員のように会社から何らかの保障を受けることができません。そのため、自己管理能力が非常に重要になります。心と体の健康を常に保てるような習慣を身につけましょう。

継続して学習する 

IT業界は常に進化し、進化のスピードは加速しています。ITフリーランスを継続するためには継続して学習する必要があります。 



<続き:②ITフリーランスを継続するためには >

簡単60秒!無料登録して

フリーランスになれるか相談する