1. TOP
  2. フリーエンジニアお役立ち情報
  3. ②デキるエンジニアは実践している!効果的な食事法

管理栄養士/ヘルスケアコーチ 加藤莉都世

②デキるエンジニアは実践している!効果的な食事法

    身体にとっての潤滑油となるビタミンやミネラルは多くの野菜に含まれています。野菜を簡単にたくさん摂るか?というのは身体への気遣いとも言えるものです。 

    出来れば前日にスーパーなどで野菜を買っておき、切りそろえておくと便利です。最近では一人暮らしでも簡単にキャベツの千切りや玉ねぎのみじん切りなど、野菜をパパっと切る事が出来るアイテムが売られているので難しい事はありません。また、炭水化物は摂ろうと意識しなくても野菜にも含まれているので、ご飯など主食の量はそれほど必要ありません。野菜の煮物、サラダなどを用意し、たんぱく質を多く含む肉・魚・卵・豆腐などを必ず入れるドレッシング類に使う油にはオメガ3脂肪酸を多く含む良質のものを用意するようにしましょう。食事を食べる順番を見直す事も大切です。まずはサラダや酢の物など生野菜を使った料理を最初に摂ることで、それらに含まれる酵素が消化・吸収を促進します。また納豆やキムチ、ぬか漬けなどの発酵食も酵素を多く含むので、積極的にとりましょう。 

    とにかく糖質を控える+良質な油を摂ることで、以下のような効果が期待できます。 

    ・メタボリック症候群になりにくい。太りにくく美しい身体を作れる
    集中力や生産性が上がる
    しかし、そうは言っても炭水化物など糖質はおいしいですよね。ついつい食べ過ぎてしまうのは良くある事です。日本人は特に炭水化物や揚げ物が大好きです。お米、パン、うどん、ラーメン、パスタ、天ぷら、とんかつ、etc.・・・ 炭水化物など糖質は一時的にお腹をいっぱいにし、美味しさと満足感で気持ちが満たされます。摂取した栄養素を身体の隅々まで血液に運んでもらうため血液は胃腸に集まり、その結果、脳は血流不足となり強い眠気が訪れます。このようなメカニズムを理解し、夕食では炭水化物を夜20時までと決め守る事で仕事の効率はこれまでよりも上がります。 いかがでしたか?糖質を出来る限り抑える、そして良質な油を摂る事でメタボになりにくく集中力や生産性が上がるというのは、おわかりいただけたでしょうか。 

    【体内浄化】

    前回は糖質を控え野菜を多く摂る、そして良質な油を摂ることで起こるメリットについてお伝えしてきました。ですが、そうは言ってもスーパーやコンビニ、外での食事は糖質だらけのメニューばかりで夕食に困ってしまう・・・。そんな時はどうしたらいいのでしょうか?  

    【水をたくさん飲むことで、糖質の消化吸収が早まり、食べたものの排出をスムーズにしてくれる】
    水には体内浄化作用
    があり、多くの健康リスクは水分不足から発生していると考えられています。水を摂取するのもちょっとしたポイントがあり、など寒い時期には身体を冷やさないよう常温かぬるめのお湯にします。暖かくなる春から夏には常温または冷えたお水を摂りましょう。コーヒーやお茶は水分ではありますが体内浄化作用がありません。 純粋な「お水」がスムーズな循環を助けます。 

    【糖質を摂りすぎた時は、バランス良く野菜、脂質やタンパク質をとることで、GI値が下がる】
    GI値が下がる
    というのは何かというと、急激なインスリンの分泌を抑え循環を適切に保つ働きが生まれるという事です。糖質を過剰に摂るとそれを分解するため、膵臓からインスリンが急激に分泌されます。これにより、眠くなり、ボーッとしてしまう、膵臓に負担がかかるというデメリットが生じます。 

    急激なインスリンの分泌は他にも様々な悪影響があります。そういった悪影響を抑えるのが 「良質なたんぱく質や油」です。良質な油には、アマニオイルやMCTオイル(ココナッツオイル)というものがあります。それらをサラダなどの料理にかけて食べる、コーヒーなどの飲み物に混ぜて飲むことで糖質の吸収を穏やかにし、脳をクリアにする事が出来ます。ここまで生産性が高く素晴らしい仕事をするため、パフォーマンスを上げ良い仕事に取り組むには食事面で気を付けるべきことをお伝えしてきました。 

    ぜひ、出来る事から実践してみてください。きっと体調が良くなった急激な睡魔に襲われなくなった、脳がクリアになったなど、実感していただける事でしょう。あなたの健康とご活躍を期待しています。

    オールライフケア合同会社 提携パートナー
    管理栄養士/ヘルスケアコーチ 加藤 莉都世

    簡単60秒!無料登録して

    フリーランスになれるか相談する