1. TOP
  2. フリーエンジニアお役立ち情報
  3. ①長引く腰痛と感情の意外な関係性とは?

tetote 整体院 整体師 後藤 良太

①長引く腰痛と感情の意外な関係性とは?

    毎年、春になると、腰痛のお悩みで来院される方が増えます。春は気温の変化が激しい時期でもあり体調も情緒的にも不安定になりがちです。 

    とくに、昨今の在宅勤務では、長時間動かず座りっぱなしになり、腰痛でお悩みの方も増え、「腰が痛くて仕事に集中できなかったり、歩きづらかったり、夜寝る時に腰が痛くて熟睡できなかったり・・」と言ったお話をよく聞きますが、あなたはいかがでしょうか。また、身体が冬モードから夏モードへときり変わるタイミングにもなり、様々な不調が起こりやすい時期とされています。そこで、今回は、春に気をつけたい腰痛についてご紹介します。 

    そもそも何故、春に腰痛が増えるのか? 主な原因として2つがあげられます。

    1つ目は「寒暖差が大きいこと」
    春の季節は、昼と夜の1日の気温差が大きい時期です。また暖かくなってきたと思ったら寒の戻りもあり、日ごとの寒暖差も大きいため、その温度差に体が対応できず血流が悪くなります。これが腰痛を引き起こす主な原因です。

    2つ目は「冬の運動不足」
    寒い冬は、どうしても運動不足になりがちです。春になって暖かくなりスポーツを始めようとした時、冬の運動不足による筋力低下で腰に負担が掛かります。これが腰痛を引き起こす原因となります。 

    腰痛があると、歩くことが大変だったり、長時間座ったり、立ったりしていられなかったり、椅子から立ち上がるのが辛かったり、日常生活に大きな影響が出るので大変ですよね。このような影響を出さないよう、日ごろから寒暖差に対する準備や運動不足には気を付けることが大切です。 

    痛みというのは不思議なもので、腰に怪我をしたわけでもないのに痛みが出てきてそのうち治るだろうと思って我慢していてもなかなか治らなかったり、徐々に痛みが強くなることもあります。整体やマッサージに通っても、その時は良くなった気がしてもすぐに戻ってしまい、なかなか良くならなかったり、整形外科に行くと、「年齢のせい」「時間が経てば治る」と言われたり、レントゲンを撮っても「異常はありません」と言われたりすることもあります。そのような場合、腰の痛みは身体以外の原因によって引き起こされることはよくあります。

    よく病気や不調は心のストレスが原因と言われますが、実は腰の痛みにもこれは当てはまります。実際に腰の痛みで悩んでいる多くの方は、心のストレスが腰の痛みに表れていることが多々あります。腰痛のうち、画像所見では原因が明らかにならないケースが85%と言われているのはご存知でしょうか?研究によると、医師による問診・診察の所見やレントゲン、MRI、CTなどの画像検査で原因が特定できる腰痛は、わずか15%と言われます。問診や画像検査の結果と一致しない、つまり科学的に説明できず、原因が特定できない腰痛は85%あることが分かっています。 

    <腰痛はストレスが原因> 

    医学的な研究により、腰痛には心理的な要因、社会的な要因など、ストレスが関わっていることが分かっています。 

    実際に、日本整形外科学会と日本腰痛学会が監修した「腰痛診療ガイドライン」によると、3か月以上続く腰痛には痛み止めの薬に加えて「抗不安薬」「抗うつ薬」などが推奨されています。本来は心の病において取り扱う「抗不安薬」「抗うつ薬」が処方されるというのは、それだけ大きなストレスが関与しているということが言えますね。 

    いかがでしょうか。今回は腰痛における二つ目の原因についてお伝えしました。

    <次の②では、原因となるストレスの内容についてお伝えしていきますね!>

    オールライフケア合同会社 提携パートナー
    tetote 整体院 整体師 後藤 良太

    簡単60秒!無料登録して

    フリーランスになれるか相談する