1. TOP
  2. フリーエンジニアお役立ち情報
  3. ①現役フリーランスが考える継続力

現フリーランスで意識していること

①現役フリーランスが考える継続力

    現役フリーランスの田中です。 IT業界は変化が激しいため、変化に追いつけるよう意識するのがフリーランスを継続するコツです。 特に最近ではコロナの影響もあり、広告単価が大幅減少するなど、世の中の流れが変わりつつあります。本記事ではフリーランスを継続するための方法をまとめました。本記事を読むことで、フリーランスが月収をキープするにはどうすべきか分かるようになります。月収を上げていく方法も解説しているので、現状維持に留まらず上を目指したい人も必見です。駆け出しフリーランスの方はぜひ本記事で学んで頂ければと思います。 

    フリーランスを継続するコツ 

    フリーランスが継続して稼いでいくコツは次の4つです。

    ・エージェントを活用する

    ・稼ぎやすい職種を選択する

    ・自己マネジメントスキルを磨く

    ・フリーランスコミュニティや勉強会に参加する 

    これら4つを意識することで、継続して案件が獲得できるようになったり、モチベーションが下がらず維持できるようになったりします。 

    エージェントを活用する 

    ITエンジニアの方はフリーランスエージェントを活用するのがおすすめです。確かにエージェントはマージンは取られますが、安定して仕事を獲得できるのがメリットと言えます。エージェントを利用せずして安定収入を獲得するのは、相当な営業力とスキルが必要です。また、エージェントでは勉強会などが開催されている場合もあり、駆け出しフリーランスにとって有り難い存在となります。継続して稼ぎたいと思うのなら、まずはフリーランスエージェントに登録してみましょう。 

    稼ぎやすい職種を選択する 

    一口にエンジニアと言っても様々な種類があります。フリーランスエンジニアとして生き残っていくには、今後も稼げるエンジニアの種類を選ぶのがコツです。たとえば人工知能やIoTなど、最新技術に携わるエンジニアは今後も仕事を獲得しやすいです。反対に、すでに下火になっているプログラミング言語を扱うエンジニアは、今後収入が減少する可能性があります。フリーランスは常に流行に敏感になり、稼げるジャンルは何かを見極め、それに則したスキルを身につけるのがセオリーです。 

    自己マネジメントスキルを磨く 

    フリーランスを継続していくには、自己マネジメントスキルを磨くのも大切です。たとえば、納期を守れるようスケジュールツールを用いて管理したり、昼夜逆転しないよう生活リズムを整えたりする必要があります。フリーランスには上司がいないため、自分で自分を律することが大事で。特に納期を守れないフリーランスは意外と多いです。納期を守れないとクライアントから継続して案件を得られず、収入の安定を目指すのが厳しくなります。フリーランスの方は本業スキルを磨くだけでなく、自己マネジメントスキルも磨くことを忘れないようにしましょう。 

    フリーランスコミュニティや勉強会に参加する 

    自分を律するのが大事と言っても、「それが出来れば苦労はしない」という方もいるかもしれません。そんな方におすすめなのが、フリーランスコミュニティや勉強会に参加することです。参加することでフリーランスの知り合いができ、彼らと切磋琢磨していくことができます。また、フリーランスとしての意識も高くなり、途中で挫折する可能性も低くなります。フリーランスコミュニティや勉強会に参加すれば、自己管理がしやすくなるのです。また、フリーランスの知り合いを増やせば、彼らのツテで仕事を獲得できる可能性もあります。フリーランスはコネを作るのが大事と良く言われますが、それにはこういった理由があるのです。

    <続き:田中が教えるフリーランス継続力②>

    簡単60秒!無料登録して

    フリーランスになれるか相談する