1. TOP
  2. フリーエンジニアお役立ち情報
  3. ①フリーランスとして成功するためは!?

自由な働き方を実現しよう

①フリーランスとして成功するためは!?

    フリーランスとして成功するためには何が必要でしょうか? 

    フリーランスは仕事内容や単価、働く時間すべてを自分で決められる働き方です。しかし、それと同時に責任はすべて自分に降り掛かってきますので、フリーランスという働き方に失敗してしまう方も少なくありません。今回は、フリーランスの働き方や成功できる人の特徴などを解説しますので、そこから成功の糸口を見つけてみてください。 

    フリーランスとは!?まずは働き方を確認しよう

    フリーランスとは、特定企業に属さず、自分が持つ技術力を武器に働く人達のことです。フリーランスと一言で言ってもさまざまな働き方があります。例えば、企業と業務委託契約を結び下請けとして仕事をする方法やクライアントと直接契約をしてサービスを提供する方法などです。基本的にエンジニアの場合は、前者のIT企業と業務委託契約を結び仕事を受注するケースが多くなっています。 

    職場は契約内容によって変化しますが、常駐するケースもありますし、在宅で仕事を受注する方もいます。また、働く時間も自由に決められるケースが多いです。そのため、フリーランスのことを自由業と言い換えたりもします。 

    真似れば成功!?フリーランスで成功する人の特徴

    次に、成功している人の特徴を解説します。その特徴を真似ることで、成功の第一歩を踏み出すことができるのではないでしょうか。 

    <自己管理を疎かにしない人>

    1つ目の特徴は、自己管理ができる人です。働き方によっては、出勤時間などが決められていませんので、何時に仕事をはじめても個人の自由になります。例えば、朝8時に仕事をスタートさせてもいいですし、夜の22時からでも問題ありません。また、仕事の開始日時も自分で決めることができます。ほとんどのケースで納期が指定されますが、月末というケースも多く、月初めから仕事を開始してしまうとスケジュールにかなりの余裕ができてしまうでしょう。逆に、ギリギリで仕事を開始すると納期に間に合わなくなるかもしれません。

    このように、何もかも自分で決められてしまうため、スケジュールはすべて自分で管理しなければなりません。自己管理ができないと健康面においても悪影響を与えますし、納期に間に合わず信頼を失ってしまうケースも少なくないです。成功している人は、一ヶ月のスケジュールがすべて組まれており、それ通りに仕事をこなしています。 

    <変化を楽しむことができる人>

    2つ目の特徴は、変化を楽しめる人です。基本的には、数十年同じクライアントと仕事をすることはありません。ある程度のスパンでクライアントが入れ替わります。それと同時に仕事の内容も変化しますので、柔軟に対応する力が必要です。成功している人は、そのような変化に対して柔軟に対応できるだけでなく、楽しめる気持ちの余裕もあります。変わることにマイナスなイメージを持っている人はフリーランスとして成功しづらいです。 

    <学習意欲が高い方>

    学習意欲が高い人も成功しやすいです。学習意欲が高い場合、さまざまな技術を身に付けようとします。当然、技術やスキルが高くなりますので、エンジニアとしての需要も増えるでしょう。また、案件が変わるたびに求められる技術も変わってきます。豊富なスキルがあれば、求められるスキルに対して柔軟に対応できるので、フリーランスとして成功しやすいです。
    <続き:フリーランスとして成功するためは!?②>

    簡単60秒!無料登録して

    フリーランスになれるか相談する