1. TOP
  2. フリーエンジニアお役立ち情報
  3. ②フリーランスとして成功するためは⁉

自由な働き方を実現しよう

②フリーランスとして成功するためは⁉

    失敗例から学ぶ!フリーランスで失敗してしまう人とは?

    フリーランスとして成功するために、失敗例から学ぶことも重要です。どのような人が失敗してしまうのかについて具体的に解説します。 

    <楽な働き方だと勘違いしてフリーランスになってしまう

    「楽な働き方=フリーランス」というイメージでフリーランスに転身してしまった方です。受ける仕事や出勤時間、働く場所を自分で決められます。つまり、自由なので楽であると勘違いしてしまう方も非常に多いです。しかし、現実は甘くありません。自由という言葉は一見楽なように思えますが、行動の責任はすべて自分で取らなければなりません。だから自由に働くことができるのです。

    また、やらなければならない仕事は正社員よりもたくさんあります。例えば、仕事を取らなければなりませんし(営業活動)、作業を行うのも自分です。また、売上管理や確定申告など、経理も自分でしなければなりません。そのため、決して楽な働き方ではないのです。 

    <効率的に仕事をこなすことができない>

    効率的な仕事ができない人は不向きです。上記でも触れたように、やるべきことが多い働き方になります。そのため、効率的に仕事をこなせないと業務過多になってしまうのです。 

    <何もかも仕事を引き受ける>

    どのような仕事でも引き受けてしまうことです。正社員やアルバイトには最低賃金など労働者を守るルールがあります。一方、フリーランスはこのようなルールで守ってもらうことができません。つまり、格安で仕事を依頼されてそれを受けてしまうと生活が立ち行かなくなります。そのため、仕事を受注するときは相場で引き受けることが求められるでしょう。 

    フリーランス成功に必要なツール

    ここでは、フリーランスが成功するためのおすすめのビジネスツールをご紹介します。 

    <仕事を探すためのツール>

    おすすめは、仕事を探すためのツールです。現在では、フリーランスと企業を繋ぐサービスを提供しているところもあるため、そのようなサービスを利用すると仕事を簡単に探せます。営業活動を丸投げすることができるので非常におすすめです。 

    <会計ツール>

    2つ目は会計ツールです。フリーランスは毎年3月に確定申告をする必要があります。そのため、会計ツールを利用すれば、負担が少なくなるでしょう。また、請求書などを発行しなければならない場合も多いです。会計ツールの中にはそのような機能にも対応しているツールがあるので、請求書発行の負担も和らげられます。 

    <コミュニケーションツール>

    最後はコミュニケーションツールです。フリーランスは家で黙々と仕事をこなすイメージが強いですが、コミュニケーションを取る場面も非常にたくさんあります。例えば、クライアントと詳細の打ち合わせをしたり、チームでプロジェクトの内容を話し合ったりすることも多いです。そのため、コミュニケーションツールはフリーランスという働き方に必須のビジネスツールです。 

     

    まとめ

    今回は、フリーランスとして成功するために必要な情報をまとめました。すでに、フリーランスとして成功しているエンジニアは非常に多いので、仕事を受注できれば十分家族を養っていくことができるでしょう。ご紹介した内容を参考にして、ぜひ成功を掴み取ってみてはいかがでしょうか。

    簡単60秒!無料登録して

    フリーランスになれるか相談する