1. TOP
  2. フリーエンジニアお役立ち情報
  3. ①IT開発スキル各種について

~開発言語とIT環境を保つITインフラとは

①IT開発スキル各種について

IT分野の業務の中でも開発業務は、ステータスが高くそれに伴う働き甲斐や収入も高くなります。ITエンジニアとしてキャリアアップをはかっていくのであれば、開発業務担当者を目指したいものです。開発業務に携わるためにはいくつかのスキルが必要になります。そこで今回はITスキル各種について分かりやすく解説します。

 IT開発業務に関わるためのスキルとは 

IT開発のためには、基本として、システム開発に使う開発言語スキルと、IT環境を保つITインフラスキルが必要です。また、プログラミングスキルや、最新のIT知識、開発スケジュールを管理して納期を守るスキル、コアメンバーとのコミュニケーション能力も重要となります。 

開発言語スキル 

IT開発担当者としてシステム開発を実施していくときには開発言語として、プログラミング言語を選択します。このプログラミング言語は多種多様で、IT開発業務を行うためには必ず必要なスキルになります。たとえば、近年需要が高まっている開発業務である、アプリケーションの開発では、Java、Ruby、PHPというプログラミング言語が使われ、開発規模によって、中・小規模ならRuby、PHP、大・中規模ならJavaを使うなど、開発の場面に合わせて使用する開発言語を選択します。

このように、IT開発においての開発言語は、開発の目的や場面によってプログラミング言語を選択する必要があり、また、プログラミング言語を習得して使いこなさなければならないため、開発担当者はプログラミング言語のスキルを十分にも持っている必要があるのです。

IT開発で使う主なプログラミング言語

ここでは、IT開発で使うおもなプログラミング言語を解説します。IT開発担当者になるためにはスキルとしてプログラミング言語を取得する必要があります。 

Java 

Javaは、WebやAndroidのアプリケーションなどをはじめ多くのシステム開発に使用されているプログラミング言語になります。世界中で最もメジャーにIT開発に使用されている言語ですので、IT開発に関わる業務には必ず必要な言語になります。 

PHP 

PHPは、Webアプリケーションの開発に使われるプログラミング言語で、歴史が深いため、書籍やWeb上で情報が多く、開発用のフレームワークも多く提案されています。 

C# 

C#は、マイクロソフト社が提供しているプログラミング言語で、Windowsサーバー上での業務用アプリ開発やスマートフォンなどのアプリケーション開発などに使われています。高機能の開発環境や多くの仕様が標準化されているため、汎用的に使用がすすんでいます。 

Ruby 

Rubyは、国産のプログラミング言語で日本語表示の情報が多いのが魅力です。Rubyには開発に活用できるフレームワーク(Ruby on Rails)があり、スピーディーにWebアプリケーション開発が可能となります。 

Python 

Pythonは、近年需要が高まっているAIや機械学習のアプリケーション開発に使えるプログラミング言語です。AI関連の開発担当者を目指している場合は習得したい言語のひとつです。

Swift 

Swiftは、Apple社が開発したプログラミング言語で、iOSやmacOSで、iPhoneアプリやARアプリを作成する際に使う言語です。日本国内でのiPhone人気が高いため需要がある言語になります。

 

開発言語スキルを伸ばしていくうえで重要なこと 

難易度の高いプログラミング言語を身につけていくことはIT開発担当者を目指すためには必要ですが、重要なのは自分がどのような開発をしていきたいかという目的です。開発していきたい対象がスマートフォンのアプリなのか、Windowsのアプリなのか、Webサービスなのかによってスキルと必要なプログラミング言語が変わってきますので、自分の目的に合わせてプログラミング言語を習得していきましょう。

<続き:IT開発スキル各種について その②>

簡単60秒!無料登録して

フリーランスになれるか相談する